cPA LAB

日刊薬業に掲載されました ―FDAも期待のOA治療薬、年内にもP1b入り―

2016-09-21
カテゴリ: cPA 医薬品事業

FDAも期待のOA治療薬、年末にもP1b入り
お茶大発ベンチャーSANSHO 内資へ導出・売却に意欲

 

 お茶の水女子大発ベンチャー「SANSHO」(本社=東京・日本橋)の諸星俊郎社長は日刊薬業の取材に応じ、変形性膝関節症(OA)治療薬として開発している「2ccPA」の展開や今後の事業戦略を明らかにした。OAは全世界に多くの患者がいるにもかかわらず、根源的な治療方法がない。2ccPAには米FDA(食品医薬品局)も期待しており、大型化する可能性もある。諸星社長はこれから始める臨床試験の結果次第で、製薬企業への導出や、事業売却も視野に入れている。


続きはこちらからご覧ください

  ↓

img_logo

 

TOPへ戻る