事業内容

環状ホスファチジン酸 (cPA)とは

  • ユニークな環状リン酸構造を持つリン脂質
  • 真性粘菌(Physarum polycephalum)の培養液から分離精製・構造決定された
  • 高等生物やヒト血清中にも低濃度(0.1μM程度)存在する生理活性物質
  • 様々な病態の原因となるリゾホスファチジン酸(LPA)に似た構造を持ち、LPA産生酵素であるオートタキシン(ATX)を阻害する
  • 様々な活性を示す(神経保護、抗炎症、鎮痛、がん転移抑制など)

環状ホスファチジン酸(cPA)の生理活性

出展:
後藤 真里,室伏 きみ子
生化学 第90巻第6号(2018) 総説